水からの伝言


水からの伝言
by emoto-hado
カテゴリ
全体
旅日記
今日思うこと
お知らせ
出会い
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


本山博先生にようやく会うことが出来ました

2月27日(金)

本山博先生のオフィスを訪問する

昨26日、井の頭公園脇にある本山博先生のオフィスを訪問させていただきました。
本山博先生は1925年生まれですから、今年84歳になられ、超心理学・宗教学・哲学の世界的権威者のお一人で、カリフォルニア人間科学大学院大学学長・国際宗教超心理学会会長を務められています。また日本でのクンダリーニ・ヨーガの第一人者であられる事も良く知られています。
b0153156_23221456.jpg


何故、私が本山先生の所に訪問させて頂いたのかには、2つの理由があります。
一つには、先生のお名前が“本山博”という事だったからです。私の父は45年ほど前に亡くなっているのですが、その名前を江本博と言いました。そう、本山先生とよく似た名前です。江が山、即ち水と山が入れ違っただけで、後は一緒の名前です。その事は私と本山先生とが始めて会った20年前に知りました。先生はその事をもちろん覚えてくれてはいませんでしたが、実は私がMRAと言う波動測定器をアメリカより持ち帰って、それを始めて展示したジェトロのインポートフェアーと言うエキビジションの私どものブースに、本山先生は来てくれたのです。その時に名刺を頂いて、あっ、お父さんと同じ名前だと、いう痛烈な印象を持った事が最初でした。
そして2つ目の理由と言うのは、それから10年後、私は何故か世界を講演旅行で回る身となりました。そしてヨーロッパ、アジア、アメリカと何処に行っても、”本山博先生を知っていますか?“と、多くの外国人の方から聞かれる事が多くなったからです。
あっ、あの時お会いした先生は世界ではとてもご高名な先生だったんだと思い、本山先生の事を自分なりに調べました。そして先生が日本では一部の人にしか知られていないけれども、世界ではその名前を精神世界系の人々の間では知らない人がいないほどの、大変な先生であることを知りました。で、いつかはもう一度お会いしたいものだと思っていたのです。

でも、僕は凄く忙しくなって、そして先生もとても忙しく日本とアメリカを飛び交っておられましたので、何回か、お会いする機会を求めたのですが、その機会を得ずにおりました。そしてかねてからの願いが叶ったのが、昨日であったという訳です。

20年ぶりにお会いした先生は、まずとてもお元気であり、とても柔和なお顔をされていました。もちろん先生は20年前にジェトロのインポートフェアーの時にお会いした事をお話しても、覚えてくれてはいませんでしたが“言われてみれば、そんな事もあったような気がするな”とにこやかな顔で言って下さいました。
その後2時間ほど先生からいろいろなお話を伺い、とても充実した時間を過ごす事ができましたが、その事はまた明日の本欄でご紹介させて頂く事と致します。
[PR]

by emoto-hado | 2009-02-27 23:23

サウジアラビア ジェッダの女子大一行わが社を訪問

2月24日(火)

アラビアから40人の盗賊ならぬ48人の美女軍団の訪問

まずは昨年の3月30日付けの僕のブログをご覧下さい。
(http://www.masaru-emoto.net/newemoto2/diary200803.html#0330)
この時訪問した、ジェッダの女子大学の一行48名が修学旅行で日本にやってこられ、廣島・大阪・京都・奈良を訪問された後、昨日東京入りし、今日の午後我が社を訪問してくれました。結晶写真の現場を見学したいという目的です。

浅草橋からわが社までの道を歩いてわが社に来られましたが、周りの人達は、さぞかし驚いた事でしょう。(何だ、この若い女性達は?一体どこに行くのだろう?)と。

b0153156_1629236.jpg

わが社のセミナールームは一杯となりました。
b0153156_16333362.jpg


中央の二人が、セヘール学長夫妻です。48名の内男性はこの学長のご主人だけでした。
b0153156_16352932.jpg


まず私が歓迎の辞を述べました。通訳の甲斐さんも、羽織を着ての歓迎です。
b0153156_163708.jpg


そして早速、皆さんに用意しておいた水に対して、アラビア流に祈っていただきました。この後その水を即凍らせて、3時間後にその結晶撮影をライブで皆さんにお見せしよう、と言う計画です。
b0153156_1638166.jpg


その後、私が1時間の歓迎講演をし、さらに私の35年に渡る親友であり、IHM、OMEの役員をしてもらっている松村宗哲和尚に、仏教の教義についての講話をして頂きました。彼は名古屋の1000年以上の歴史のある名刹聖徳寺のお住職さんでもあります。
b0153156_16391190.jpg

その和尚、お客様全員にお茶のおもてなしをしてくれたばかりでなく、なんとご欄のように水墨画をさらさらと書いて皆さんにプレゼントしてくれて、本当に頭が下がりました。
b0153156_16401280.jpg


5時半から、先ほど祈った水がどのような結晶を作ったのかを、ライブで鑑賞しました。研究室の冷蔵庫で実際にスタッフが高速度ビデオカメラで撮影している物を、セミナールームのスクリーンに映し出すのです。ですから真剣勝負です。撮影担当の染谷君はそのため朝から相当緊張していましたが、結果は大成功で、美しい結晶がいくつも撮影できました。その成長する様に、遠方からの客人たちは大喜びして、冷蔵庫から出てきた染谷君に拍手喝采を送っていました。
下がその結晶の一つです。
b0153156_2045875.jpg


最後は、皆で記念写真です。サウジアラビアの学校でお会いした時は、皆さん黒いベールを纏っていましたから、そのお顔は余りよく分かりませんでしたが、こうやって見ると、とても美人の方ばかりで驚かされました。
b0153156_16412748.jpg


今回の彼女達の訪問は、単なる表敬訪問には終わりませんでした。私どもの会社OMEと、彼女達の大学でイスラム教の99の神の言葉を中心とした写真集を、アラビア語、英語、日本語で出版しようという提案が校長先生より出され、全員一致で採択されたのです。ですから今後サウジアラビアとの交流はずーっと続く事になるのです。
僕の部屋での校長先生夫妻との記念写真 しかし僕は笑顔を創るのが下手だな。
b0153156_16444171.jpg

[PR]

by emoto-hado | 2009-02-25 16:31

家族旅行は最高だ!!

2月23日(月)

那須家族旅行

ご存知のように、僕らは世界中を飛び回っていて、いつも全日空が所属しているスターアライアンスグループを利用しているので、マイレイジが半端じゃなく溜まります。

そこでそれを家族旅行のために利用しよう、と言うことで、2月21日~23日の間北海道の定山渓グランドホテルを予約しました。孫達にスキー体験をさせたいという娘夫婦の希望もあったからです。
ところが、その日は北海道地方はひどい悪天候で、飛行機が欠航してしまい、北海道には行く事ができませんでした。

なんでもポジティブで性格がとてもよく似ている僕と娘はそれにもめげず相談して、近場でスキー場が近い温泉は無い物かと急遽探した結果、運の良いことに那須サンバレーリゾートと言う所に、当日予約が出来て、21日のお昼頃、娘家族4人と、私の家族4人とがそれぞれの車で、那須高原に向かいました。

僕らの家は浦安ですから、湾岸浦安から、東北道の那須高原インターまで3時間足らずで到着です。ですから、3時頃にはホテルに着いてしまいました。ですから夕食まで皆、ゆっくりと温泉を楽しむことが出来ましたが、その温泉何と42コースもあり、しかもそれぞれがとても素晴らしいもので、これは驚きでした。

最初の晩は、贅沢な中華料理の食べ放題、2日目は和食(僕の大好きな蟹含む)の食べ放題と、今日の朝の食事の時に全員の体重報告を受けたところ、何と8人(うち二人子供)合計で入宿時より、12キロほどのオーバーウエイト!!北海道よりもはるかに経費的なことを考えれば、良かったんではないかと思いました。
おまけに孫達は、宿から20分ほどのスキー場で生まれて始めての雪をたっぷりと楽しんだとの事で、なかなか穴場のリゾートでは有りました。お勧めです。(http://www.nasu3800.co.jp/)

2~3日前降ったという雪がまだ残っていた、ホテルの夜景。
b0153156_9564518.jpg



可愛い孫達も大喜び
b0153156_0331712.jpg


3D・宇宙と恐竜館前にて。考えてみればこの那須は40年前、私たちが新婚旅行に来たところでした。夫婦二人の愛が、こんな素晴らしい形に形作られたのです。
b0153156_0362534.jpg



3D館にて。誰ですか、金正日に似ていると言うのは?
b0153156_0373894.jpg

[PR]

by emoto-hado | 2009-02-24 00:30

[WATER]の感想

2月20日(金)

「WATER」をご覧になった方々の感想

2月13日(金)づけの日記に書きました、「WATER」上映会に参加してくれた方のアンケート結果が纏まりましたので、下記にその一部を紹介させていただきます。
当ブログ読者の皆様も、是非ご協力ください。上映会主催者の方へのDVD貸出料は無料です。(上映会主催者のための条件などは間もなく、http://www.masaru-emoto.net/にアップされますので、そちらをご参照ください。)

 WATERダイジェスト版をご覧頂いて、どのような感想を持たれましたか。
・「水の結晶」に出遭ったのは、10年前になります。娘の難病がきっかけでした。その時は良くわからずそのままになっていました。でもいろんな奇跡と出遭いの中で、大切な水…こう言う事かと気づきました。私達の体に70~90%の水、その水が元気ならば病気などは消えてしまうと言う事。汚染されている世の中で、良い環境を作り出す事はなかなかむずかしいが、家の中の環境をなるべく近づけ、毎朝「お水さんありがとう」の水、言葉に出して飲んでいます。6年位になります。今日の映画はとてもわかりやすく、水に改めて感謝し生活していきたいと心より思いました。感動しました。ありがとうございました。-川合紀子
・水の奥深さを改めて学ぶことができました。私達家族は約9年前江本先生の“水は答えを知っている”との出逢いからずっと水の大切さを感じています。毎日愛感謝の文字を見せた水を“お水さんありがとう”と語りかけながらいただいています。ですのでこの映画の表現はとてもわかり易いものでした。多くの日本人の方々に見ていただきたい映画です。私達が見たWATERへの想いがたくさんの人へ「水」を通じて伝わっていくことを切に願います。感謝!!-T.K
・-水にも感情があるのかなと思いました。
-息子は3才になりますが、今から水の大切さ・愛・感謝・お祈りの大切さを伝えたいと思います。
-主人にも話したいです。
-今回映画を見ることができ、とても良い時間を過ごす事ができ感謝します。-江崎英子
・水が持っている情報の豊かさに驚きました。普段何げなく考えていること言葉が記憶されていることを改めて確認できました。「愛と感謝」の言霊の力を実感できました。ありがとうございました。-ひかり@愛
・水からの伝言を出版された当時、あるお寺で見ました。仏教にも他と同じように水の真理について書かれています。その後太田龍、デービットアイクの関係から少しでも支援と云う事で、色々参加させていただいています。
江本先生が頑張れば益々攻撃される危険がありますが、今の時代は各方面から精神、心の時代への芽ばえが出ています。世界次元変わると言われていますので、期待しています。-白柳孝
・とても密度の高い映画でした。
字幕を読むのに一生懸命で映像をもっとゆっくり見たかったです。
水も生きていて、水道管の中で傷ついていたのだと知りました。
途中むずかしい表現がありましたが、江本勝さんの解説でわかりました。「ありがとうございました」-井本仁美
・字幕のスピードが速くて読みづらかった。簡単には理解できないが、大変興味深い内容でした。構造化した水とはどういうものか、よく分からなかったので、水についてもっと知ろうと思います
・人の想念が世の中を変えるので、我々人間、まず自分から、良い想いで世の中がよくなるよう、愛と優しさを広めていきたいと強く思いました。-戸館まゆ子
・「水が情報を記憶する」ということには驚きました。すべての人にとって身近な「水」について、もう一度考え直すきっかけができとても嬉しく思います。言葉かけひとつで構造が変化し、あんなに美しいカタチができるのなら、もっともっと「愛」に意識を置いていきたい気持ちになりました。
・人体を構成している水がゆがんでしまう事や人が持つ想念が水の構造を変えてしまう事は驚きでした。それはポジティブにも変える事ができるという事を意味しているからです。それは個人だけでなく、世界でも起きている事件や出来事と決して無関係でない事を教えてくれました。ポジティブな世界を創るためにもこの事を忘れないで生活していきたいです。-先山悦子
・とても素晴らしい映画でした。改めて水のすごさや水の持つ二面性(表と裏)のおどろきや影響を深く考えさせられました。今から世の中が平和で喜びに満ちたようになるように生活していきます。-深田洋一
・「ありがとう」「愛しています」愛と感謝が究極の結晶の形であるとわかりました。ホ・オポノポノにも通じますが、浄化するにはこれから水を頂くときに感謝の念をもって飲みたいです。
・自分の思いが地球をつくり地球が自分をつくる。水がその間をうめてくれている。自分の思いを常に良い状態にしておこうと思いました。-小野田健伸
・水は記憶装置であるという視点がきっちりとかかれていてだれしもが理屈ではなく本能で納得できる内容になっていると感じられました。日本の学会が認めないのは本当に残念です。でももうすぐわかるはずです。ありがとうございました。
・生命の誕生は水からと聞いていましたが、水の重要性を改めて感じました。この地球を守るために1人でも多くの人に見て欲しい映画だと思いました。-村林多巳子
・今回で二回目ですが、何度も見た方が良いと思いました。1回だけでは、見落としたり忘れていたり、一回では気づかない所もありました。-妙凜
・今までも水が人間の感情をキャッチして変容するということについて、頭では理解していましたが、今日この映画を観せて頂き、さらにいろんな現象を確認しておられることに感動し、身体がざわざわとさわぎました。このことも、自分の中の水分が細胞が反応していることなのですね。-小野由紀
・私は精神世界に関するいわゆる考え信念が現実を創るということを教える仕事をしています。(アバターマスターといいます)今日も友達から教えてもらって来ました。私が今の仕事につくきっかけになった本でした。すごくわくわくしてきました。今日は本当に本当に感動しました。私一人一人の意識が地球のすべてを変容させることができる。それを本当に確信できて今の自分を尊ぶことができました。すばらしいメッセージを本当にありがとうございました。-幸富代
・科学的な側面からで理論的な人にもとてもよいと思いました。私達の体の60%は水だとわかってもいつも汚い言葉をクセのように発してしまうのでもっとこれから気を付けようと思いました。-井上瞳
・改めて水の重要性を思いました。また、この地球を救うためには人種、国を越えた協力が必要で、それはむずかしいことではなく、「愛と感謝」というだれでもが感じることができる感情によるのだと。-和谷多恵
[PR]

by emoto-hado | 2009-02-20 18:11

ナイトサイエンス会

2月19日(木)

始めてのナイトサイエンス会を開催する

昨18日、IHMのセミナーホールで、「WATER」の上映会が開かれました。水の妖精こと板倉リサさんの絶大なるご協力のお陰で、彼女のお知り合いが30名ほど来てくださり、それはそれは充実した映画鑑賞会となりました。
板倉リサさん(左) 右はミネハハさん (5次元コンサートにて)
b0153156_21531422.jpg

それが終わった後、前から是非一度やりたいと思っていた、ナイトサイエンス会を私の部屋で行いました。尊敬する村上和男先生が、いろいろな科学的アイデア・閃きは、夜のくつろいだ会合の時に生まれることが多いと、その著書に書かれていたのを読んでから、会社のスタッフとは良くやっていましたが、お客様を交えてのそれは初めてのことでした。
b0153156_21552594.jpg

それに参加していただくために、ウオーターデザイン研究会の久保田昌治理事長にも来ていただいて、会はとても楽しく進行し、和やかな雰囲気の中で「WATER」の今後の展開の為に、何を為すべきかという意見が活発に飛び交いました。
その詳しい内容はともかく、全員の方がこの映画の意義について前向きに評価をして頂いて、一人でも多くの方に見て頂こうではないかと言ってくださり、私はとても勇気付けられました。
素晴らしい方々をお連れ頂いた、板倉リサさんに感謝申し上げると共に、相変わらず私を支援してくださる久保田先生や、覚醒ネットワークの米田先生に感謝申し上げます。また女性プロヂューサーの横山ケイさんは、わざわざ福岡から来てくれて、私が尊敬するタマ出版の創業者瓜谷侑広先生のご長女藤井さんをお連れ頂きました。「波動」という概念を、タマ出版が出版した「波動性科学入門」(大橋正雄著)と言う名著からヒントを頂き、使わせてもらった僕としては、初めてのナイトサイエンス会に彼女が来てくれたことは単なる偶然とは思えません。皆様有難うございました。
b0153156_21564685.jpg

[PR]

by emoto-hado | 2009-02-19 21:55

ダイヤモンドダスト

2月17日(火)

天使が囁く日

31年前の今日、北海道幌加内町で、マイナス41,2度を観測し、それがわが国での最低温度と記録されているようです。そしてその日を記念して、同町は今日を、天使が囁く日と命名しました。

天使が囁く日・・・とてもロマンチックな表現ですが、それは、ダイヤモンドダストが飛び交う日という意味で、温度がマイナス10度C以下の時に、北海道の内陸でよく見られる現象です。空中に浮かぶ水蒸気が超低温のとき細かく氷り結晶化して、それが太陽の光にきらきらと光り輝いて舞い落ちる様子が、まるで天使が囁いているように見える所から、そのように名ずけられたようです。
ダイヤモンドダスト
b0153156_17334493.jpg


雪の結晶の研究で世界的に有名な故中谷宇一朗北大教授も、「雪は天からの手紙」であるという、有名な言葉を残されましたが、結晶の様々な美しさを観察していると、それが天(神)からのメッセージであったり、天使の囁きのように、感じられたりする事は、同じような研究を長く行っている我々にとっても、全くご同慶の至りという感じです。

ところで、このダイヤモンドダストと同じような物を、僕は沖縄の海でプカリプカリと浮かびながら、真っ青な空を見上げている時に見た事が有ります。それはまるで水の精のような感じで、きらきらと光り輝き、真に美しいものでした。雲消しゲームをそのとき既に会得していた僕は、その水の精たちに向かって、「雲が出来ました。有難うございました。」と言って、じっと見つめていると、何と小さな雲が出来上がってきたでは有りませんか!。

その後、残念ながら同じようなチャンスに恵まれませんでしたから、追試はする事が出来ていません。もう体力的にも海水浴などが出来ませんので、どなたか、今年の夏、綺麗な海でプカリプカリ浮かびながら、同じような試みをして頂けませんでしょうか。ポイントは、水の精、ダイヤモンドダストを視覚的に捉えて、それに対してお願いをする事です。
[PR]

by emoto-hado | 2009-02-17 17:37

読売新聞の記事から

2月15日(日)
久しぶりに読んだ、感動的な記事

読売新聞の2月11日から始まった、特集「はたらく いきがい」は、とても良い企画であり、記事でした。(まだ続いていますが)

b0153156_19533182.jpg

どのような、シリーズかと言えば
2月11日・・・社員の7割 知的障害者
  12日・・・地下で出会った天職
  13日・・・週3日 子連れ勤務
  14日・・・IT社長は元ホームレス

と言うような見出しを見れば分かるように、今この大変な労働環境に成ってしまった時期に、懸命に働き成功した人、色々なハンデを持っている求職者に、思いやりのある職場環境を用意し与えた経営者の事などが、感動的に書かれているのです。
しかも、そのスペースに1面と2面を使っています。必ず2枚の写真が掲載され、スペースも6段×41行とたっぷりと取っています。

ほほー、読売新聞もなかなかやるじゃないか、と私は思いました。新聞と言えば、ここ10年近くは余り読むことが有りません。海外出張が多いので、新聞を読まない日が多くなり、日本に帰ってからもその習慣がついてしまったのです。そしてたまにじっくりと目を通す時間が有っても、暗いニュースばかりで、気が滅入ってしまいますので、益々新聞離れとなる我が身でした。それがこれらの記事を読んで、涙が出るほどにポジティブに感動したのでした。

本当に逆境になると日本人は強くなると言われていますが、そのような事が感じられた記事で、これからも日本国民を奮い立たせるようなポジティブな良い記事を沢山書いて頂きたいものです。
[PR]

by emoto-hado | 2009-02-15 19:55

「WATER」 行けるぞ!!

2月13日(金)

WATER東海・関西地区上映会報告

1週間ほど、「WATER」上映会の為に、豊橋・松阪・大津・京都・大阪とツアーをしてまいりました。この間パソコンが故障してしまい、当ブログ立ち上げる事ができず、訪ねてくれた方には大変失礼しました。

さて、今回のツアーは豊橋でレンタカーを借りて、私の息子の博正君と、波動カウンセリング講座の卒業生で2ヶ月ほど前に当社に入社した京都出身の奥村正裕君との3人編成での旅です。
2月7日にそれは愛知県の豊橋市でスタートし、司会進行は博正君が行い、そのあと1時間の短縮版の「WATER」の上映、そして私のその解説が1時間続いた後、奥村君が波動カウンセリング講座の魅力について、自分の体験談をもとに、熱く語り掛けました。
b0153156_16374954.jpg


翌8日は、三重県の松阪での上映会でしたが、私にとってここは始めての講演会とも成りました。以前から現地の波動インストラクターで元高等学校の校長先生である、磯田保先生から、松阪市での講演会を依頼されていたのですが、タイミングが合わず、この日に始めて約束が果たせたと言う事になりました。
この磯田先生の活躍のお陰で、会場は約100名の参加者で満席となり、皆様にも大変喜んでいただけ、大成功の会となりました。
b0153156_1659667.jpg


また、終了後名古屋からも駆けつけてくれたインストラクターの方々と懇親会が開かれ、久しぶりに熱い酒を酌み交わし、とても楽しいひと時を過ごす事ができました。
b0153156_164165.jpg


翌日の2月9日の午前中、「WATER」の日本上映成功を祈願する為に、松阪から45分ほど離れた伊勢神宮にお参りに行ってまいりました。
b0153156_1643342.jpg


まず外宮に行き、手を清めます。
b0153156_16435065.jpg

本宮に入る前の所の大鳥居です。
b0153156_16444397.jpg

外宮の本宮の手前には、とても綺麗な池があり、そこでまず手を合わせてきました。

それから、内宮のほうに周り参道を車で通る事ができました。平日なのに流石伊勢神宮、沢山の人がいらっしゃいました。
b0153156_1721262.jpg


有名な五十鈴川。とても、とても綺麗な清流であったので、僕はとても嬉しくなり、安心しました。
b0153156_16453469.jpg


内宮に臨む、階段の前で記念撮影。
b0153156_16461814.jpg


なんと、伊勢神宮の境内で、昨夜一緒だったインストラクターの加藤さんにお会いしました。広い敷地内で沢山の人、よくもまあお会いすることが出来た物です。やはり我々は繋がっているようです。
b0153156_16471529.jpg


2月10日は大津でした。ここは、10年前に「有難う琵琶湖」をやった町、しかしその後、すっかりご無沙汰してしまって、この日も何人ほどの人が来られるか心配していました。
しかし、小林明倫さんという、丁度この日に34歳の誕生日を迎えられた若者が大変に頑張ってくれて、70名を越す人が参加してくれました。彼は水道局と契約しての水道の保守業務をする傍ら、切り絵作家でも有り、水の結晶デザインを紙で見事に美しく表現しているアーティストでもありました。
b0153156_1648562.jpg

僕の右側が小林さん、左側が麻の運動をしておられる呉小英さん

2月10日は京都会館での上映会で、この日も80名ぐらいの人が熱心に映画を鑑賞してくれました。10年も前から京都桂の波動クリエイティブセンターを経営している、井上さんが、30名ほどのお客様を紹介してくれただけでなく奥様と娘さんを連れて手伝いに来てくれた事が、とても嬉しかったです。


京都に住む波動カウンセリング講座の3期生の今井さんも手伝いに来てくれました。右はその奥様です。
b0153156_16491573.jpg


2月11日(建国記念日)は大阪産業創造会館は、波動塩の会の方が沢山おいで頂いて、ご覧の様に立ち見の状態と成ってしまいました。波動塩友の会はOMEの社員でもある大木さんが率いている会ですが、わざわざ岐阜の関や、四国の徳島からもお見えいただいた方もいらっしゃいました。
b0153156_1650044.jpg

また15年ほど前からの応援者、グリーンハートの織田社長もお越しいただいて、「素晴らしい映画おめでとうございます」と言ってくれた事が、とても嬉しかったです。
さいごに皆さんに起立して頂いて、「君が代」を元気に斉唱した事も、きっと皆さんの記憶にいつまでも残る事でしょう。
b0153156_17205094.jpg


講演が終わって恒例の懇親会のあとスタッフと
左から 根本君(OME) 博正君(OME) 奥村君(IHM) 私 大津の小林さん(彼は大阪会場にも何人かの仲間をつれてきてくれました。)辻さん (彼女は先月までIHMの社員でしたが、このほど大阪の実家に帰ったのですが、この日お手伝いに来てくれました。)
b0153156_16503497.jpg


総合的に言って、今回のツアーは映画「WATER」の日本での展開成功間違いなし、という印象を持つ事ができました。お手伝いをしてくれた皆さん、本当に有難うございました。
今後も日本の各地で上映会を行ってゆきたいと思いますので、皆様の町でもどうぞ企画なさってみてください。よろしくお願いいたします。
[PR]

by emoto-hado | 2009-02-13 16:39

第5回世界水フォーラムへ皇太子殿下ご出席!?

2月6日(金)

またまた凄いシンクロが起こるかも!

3日ほど前、皇太子殿下が私的に第5回世界水フォーラムに出席されると言うニュースを聞きました。
「へーえ、殿下は本当に水にご関心があるんだなあ。」と私は思いました。水フォーラムは、3年ごとに開かれていて、6年前の第3回水フォーラムは、京都の国際会議場で行われ、私も何とか事務局に売り込んで講演する機会を頂きました。そしてその時の、総裁が皇太子殿下でしたら、殿下のスピーチを私は聞いています。

第4回目の水フォーラムは、メキシコシテーで行われ、私はこの時は、組織委員会のお招きで、正式に講演をさせて頂きました。そして日本からは基調講演のお一人として、皇太子殿下が招かれ、立派な水に関する講演をされました。(http://www.masaru-emoto.net/newemoto2/jdiary200603.html#0316)

それから3年が経っていたのですね。私は第5回の水フォーラムがどこで行われるかも知らずにいました。そして3日前、この皇太子殿下が第5回水フォーラムにご出席の意向と言うニュースの中で、何とその開催地がトルコのイスタンブールである事を始めて知り、大変びっくりしました。

何故ならば、私も3月21日~23日まで、トルコに行く予定になっているからです。(第5回世界水フォーラムは、トルコのイスタンブールで3月16日から22日まで行われます。)

私は、3月6日に日本を出て、最初は中東4カ国(クエート・カイロ・ドバイ・ドーハ)に行き、その後オランダに行きます。そして3月21日にイスタンブール入りすることになっています。

ただし私がイスタンブールに行くのは、水フォーラム出席のためではありません。イスタンブールにあるドガスクールという学校からのご招待で、その学校の子供たちのためのセミナーが予定されているのです。
このご縁は、1年ほど前に在校生の一人が「水からの伝言・子供版」のトルコ語版翻訳を申し出てくれたことに始まりました。そしてその後スポンサーも現れ、それがこのたび出版される事となり、その記念のセミナーに呼ばれたのです。

ところが、トルコ人の気質なのでしょうか、あるいは英語が苦手なのでしょうか、数ヶ月間連絡が取れない時期もあって、本当に彼らは準備してくれているのかなあと、不安に思った時期もありました。つまり彼らから現地の情報が入ってこなかったのです。

最近になってようやく連絡があり、3月22日に彼らの学校の方で生徒対象のセミナーの予定をしていると確定されていることが分かり、飛行機のチケットの手配をする所でした。

そんな時に、この第5回世界水フォーラムの件を聞き、あわてて彼らに確認した所、“実は江本先生が、フォーラムの現場で子供たちに話せるような場を、作ってもらうよう、事務局に交渉中なので、もうちょっと待って欲しい”という答えが返ってきたのです。

もし、それが実現すれば私は過去3回の水フォーラムで、全て皇太子殿下とご一緒に参加が出来ることになり、私にとってとても勇気付けられることで、是非このシンクロニシティーが成就することを願っているのです
[PR]

by emoto-hado | 2009-02-06 13:24

閑話休題

2月5日(木)

タマちゃんと僕

僕は猫が大好きです。妻はそれに輪を掛け好きですので、二人が一緒になってから今まで40年の間に、5匹の猫が我が家にはいました。それぞれの猫が我が家の歴史の中で、重要な役割を占めています。

今は2匹の猫がいます。一匹は、タマと言う和猫、もう一匹はノンと言う洋猫です。何故和猫と洋猫がいるのか、話せば長いことになりますので、それはまた別の機会に譲るとして、今日は和猫のタマと僕の関係について述べましょう。

タマは10年ほど前に、娘が拾ってきた猫で、ご覧のような三毛猫で、とても美形のメス猫です。
僕はこの猫をそれこそ猫可愛がりしています。
例えば、ご覧のように食事も一緒にします。
b0153156_23244962.jpg


そしてタマは自分が好きなものを僕が箸に取ると、チョウダイと啼きながら遠慮なく猫パンチを食らわさんばかりに、それをもって行きます。
b0153156_23264675.jpg


でも僕は、目を細めてタマが持ってったものと同じものを、タマと一緒においしそうに食べるのです。
b0153156_23254991.jpg




しかし、こんなに可愛がっているのに、そして妻はタマが食卓に上がろうものなら、ギャーッと怒鳴って怒り、頭を叩いてテーブルから排除するのに、タマは僕のことよりも妻のことが大好きなのです。僕のひざには、絶対に上がってこないで、妻にはいつもデレデレして、その膝に乗り、彼女に身体をこすり付け、手を舐めるのです。

僕が、いくら優しい声を出しても、絶対に来ないし、僕が強制的に抱いたとしたら、直ぐに爪を立てて、僕から逃れるのです。

一体これはどうしたことでしょうか?何か僕が改めることがあれば、改めたいと思います。
どなたか、アドバイスがあれば、昨日の日記のアドレスまで、ご教示願えれば幸いです。
[PR]

by emoto-hado | 2009-02-05 23:30