「ほっ」と。キャンペーン

水からの伝言


水からの伝言
by emoto-hado
カテゴリ
全体
旅日記
今日思うこと
お知らせ
出会い
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


ボゴタからメディジンへ

11月29日(土)

コロンビア日記の続きです。
11月11日、ボゴタのホテルにて、通訳の矢口さん、主催者のフォルケさんと。矢口さんは2年半前に來コロしたときにも通訳をしていただきました。完璧な通訳をされます。
b0153156_15195857.jpg


11時から町の真ん中にある、憩いの公園的なところでテレビ局のインタビューがありました。
b0153156_15211333.jpg


途中、雨がポツリと落ち、雨かな、と見上げている所です。
b0153156_15224314.jpg


インタビュアーは地元では有名な方と言うことでした。
b0153156_1523483.jpg


午後の便で、ボコタから1時間ほどの、メディジンに行きます。この町はコロンビア第2の産業都市で1年中の気候が春のようで、そのせいか美人の多い町として知られているようです。夕方新聞社の取材がありました。
b0153156_15251847.jpg


そしてそのあと、カンフー教室で130名ほどの生徒さんの前でミニセミナーを行いました。
b0153156_1527647.jpg


皆さん熱心に聴いてくれて、手応えばっちりでした。
関係者の方々と。
b0153156_15381899.jpg


8時からの夕食会は、代替医療関係者の皆さんとご一緒でした。
そのリーダーと。
b0153156_15403659.jpg


11月12日メディジンにて
朝からプレスコンファレンスがホテルでありました。
b0153156_15595691.jpg

その後、テレビ取材が続きました。
b0153156_1605988.jpg

お昼はホテルで市のお偉方と昼食会。
b0153156_1624747.jpg

この女性は副市長
b0153156_1635269.jpg

この方は、市の公共事業(通信・上下水道・郵便など)を担当している会社EPMの役員の方です。
b0153156_1664840.jpg

午後その施設のひとつ下水処理場に案内されました。
b0153156_168612.jpg

8時から、メデジンセミナーが始まりました。
b0153156_1693110.jpg

今夜のお客様は350名ほどです。
b0153156_1610359.jpg

コロンビア人は国歌をとても上手に歌います。なぜならば、毎晩6時にそれが公共放送で流されるからです。
b0153156_16154365.jpg

この子は、日本で育ったと言うことで、日本語で話しかけてきました。「素晴らしい研究を有難うございます。」と。突然で嬉しかった。
b0153156_16133226.jpg

サイン会にて。やはり美人が多かったようです。
b0153156_16165093.jpg


11月13日
メディジンからボゴタへ
朝チェックアウトした後、ホテルのフロントの方から頼まれての記念写真です。
やはりこの町は本当に美人が沢山いらっしゃいました。
b0153156_16533246.jpg

その後、直ぐにボゴタへ飛び立ち、市内の大学の多目的ホールでのセミナーに参加しました。
サンチャゴさんがアレンジしてくれたものです。
b0153156_16403543.jpg

ご覧のように鈴なりの人で、超満員となりました。
b0153156_1642151.jpg

本当にコロンビアの人は国歌が上手です。
b0153156_1643345.jpg

これで今回のツアーの全スケジュールが無事に終わりました。
この日の内に、コロンビアをたって、トロント経由、バンクーバーで一泊しましたが、8月のバンクーバーセミナーを主催してくれた人たちと、夕食会を開いて交歓させていただきました。
b0153156_16473172.jpg

10月20日に日本を飛び立ってから、明日は28日ぶりの日本です。お世話になった皆さん有難うございました。
[PR]

by emoto-hado | 2008-11-30 15:43

コロンビアに行く

11月28日(金)

コロンビアへ

 翌11月11日の朝の便で、私たちは今度はコロンビアのボゴタに向かいました。たった1日の強行日程のウイロウイロでしたが、それはそれは良い所で、きっと又訪れたいと思ったことでした。
さて、チリからコロンビアは再びアンデス越えとなり、約6時間のフライトです。ご存知のようにチリはアンデス山脈に囲まれた細長い国ですから、どこにゆくのにもアンデスを越えなければなりません。
機上からのアンデスの山々
b0153156_1124823.jpg


ホテルに着くと、南米ではただ一人の波動インストラクター、アナマリアさんが来てくれていました。彼女は2年半前に私がコロンビアを訪れたときの主催者、サンチャゴさんの関係者で、それ以来波動に興味を持ち始め、メキシコ・カンクンのスクールに参加してインストラクターの資格を得られた方です。
b0153156_1141873.jpg

2年半前にも素晴らしい通訳をしてくれた、矢口啓子さん、主催者のフォオルケです。
b0153156_1126228.jpg


夕方、その彼女の案内でサンチャゴさんの家で行われたウエルカムディナーにご招待されました。
b0153156_1152647.jpg


主采は僕たち夫婦が大好きなパエリアです。美味しかったー。
b0153156_116142.jpg


これはサンチャゴさんたちが作ったピラミッドスタイルのウオーターボトルです。日本に帰ったらこの容器に入れた水の結晶を撮ってみたいと思いました。
b0153156_1173325.jpg



サンチャゴさんは手品の名人で、僕が新しい手品を要望した所、嬉しそうにトランプを持ち出して皆の前で素晴らしい技を披露してくれました。始めてそれを見る妻と息子は口をあんぐりと明けて、ただ驚きでした。
b0153156_1184812.jpg

[PR]

by emoto-hado | 2008-11-29 11:09

ホテルウイロウイロ

11月27日(木)

 ウイロウイロへの1泊旅行

11月8日、ワークショップが終わって、テレシッタ夫婦、その妹夫婦、そして私たち総勢7人はサンチャゴ飛行場から50分ほど南の所にあるテムコ飛行場に飛び立ちました。そしてそこから、レンタカーを2台借りてウイロウイロというまだ最近開発された秘境の地まで車で目指します。途中2時間くらいは舗装された道でしたが、あとの1時間はでこぼこ道、都合3時間を要して、既にとっぷりと日の暮れた森の中にあるホテルに、たどり着きました。流石にへとへとです。
しかし、ホテル・ウイロウイロという名前のそのホテルは、殆ど木で作られており、しかも水をその設計の中心にしている大変ヒーリングエネルギーに満ちたホテルでした。
ホテルのフロント
b0153156_17412666.jpg

ロビー
b0153156_17431451.jpg

水路のある廊下
b0153156_17452792.jpg

建物は5階建ての螺旋作り。でもエレベーターもあります。
b0153156_17474244.jpg

森の妖精と思われるものが,ホテル中に充満しているかの感じで、撮影する写真の殆どにオーブが飛び込んできます。
b0153156_17491071.jpg

その2
b0153156_17272672.jpg

妻にも
b0153156_17282193.jpg

食事中にも
b0153156_1728547.jpg

出迎えてくれたホテルオーナー親娘にもオーブ
b0153156_17301424.jpg


翌朝目が覚めたら、ホテルの周りはこんない素晴らしい緑に覆われていました。
b0153156_1755081.jpg

そしてこれがホテルの前景です。
b0153156_17561956.jpg

朝食を済ませて、いよいよウイロウイロの探訪です。
この看板を入ると、ウイロウイロの滝公園です。
b0153156_18122535.jpg

公園の入り口の像
b0153156_1821393.jpg

まるで白雪姫の7人の小人のような塑像があちこちに作られていました。
b0153156_18155373.jpg

僕は苦手な爬虫類を征服しました。
b0153156_1822534.jpg

滝への道はホテルのオーナーの娘さんが案内してくれました。
b0153156_182415100.jpg

間もなく滝が見えてきました。
b0153156_18255866.jpg

滝つぼを見下ろしての記念写真
b0153156_18273068.jpg

正面から見た滝、凄い水量です。
b0153156_18285973.jpg

下流の方。ウイロウイロとは、激しい水の流れが川底をこすってゆく状態のことを言うのだそうです。
b0153156_18305496.jpg

滝の見学の次は、アンデスの麓に有ると言う、水の湧き出ずる聖地探訪です。車で1時間近く走った所で車を降りて、道なき道を歩いてゆきました。私にはかなりハードな道行きでした。
b0153156_19511612.jpg

20分ほど歩いてそこに到着しました。
b0153156_19534548.jpg

確かに水は急に地下から勢い良く噴出していました。
b0153156_1955541.jpg


次に行ったのは、綺麗な湖です。
b0153156_19572368.jpg

湖の向うには、万年雪をたたえた山が見えます。1年中スキーが出来て最近では日本人スキー客も来ているとのこと。日本が夏でもスキーが出来るからでしょう。
b0153156_2003994.jpg

ボートに乗って湖を回ったのですが、直ぐ傍に虹が出来て、なんとなく感激です。
b0153156_203583.jpg

とにかくこのウイロウイロという所、最高に素敵な場所でした。日本からはかなり遠くそうは簡単に予定が組めないでしょうが、時間がたっぷりある老夫婦にはお勧めです。
昨年の12月にオープンしたばかりと言うホテル良し、滝と水良し、山良し、緑の森良し、湖良し、観光地として今後脚光を浴びてゆくことでしょう。
[PR]

by emoto-hado | 2008-11-28 17:57

サンチャゴ最後の行事

11月26日(水)

ワークショップの様子

 11月8日、チリ、サンチャゴ最後の行事、4時間ワークショップが開かれました。参加者は150名ほどとなりました。
b0153156_1525273.jpg


その授業風景ですが、大きなオーブが現れました。
b0153156_15261919.jpg


地元の有名なパーソナリティーの方を壇上に上がってもらって、HADOアストレアのデモも行い大変好評でした。
b0153156_15274348.jpg



サンチャゴでの全ての行事を無事終えて、テレシッタ家の皆さんと記念写真です。
b0153156_15282345.jpg

[PR]

by emoto-hado | 2008-11-28 15:43

クライオンのコックスさんと会う

11月25日(火)

 
サンチャゴの施設訪問の後、私たちは宿泊先のホテル・サンフランシスコのオーナー夫婦が所有している別荘に向かいました。
b0153156_154429.jpg


オーナー夫妻です。
b0153156_15455100.jpg


私がそこに招かれた理由は、その土地には豊富に水があり、それを何とか利用できないか、と言うことのようでした。
b0153156_1562479.jpg


そこには思いがけない人が待っていました。クライオンのコックスさんです。

b0153156_1571968.jpg

みんなで、その別荘で栽培されたイチゴや野菜で、ランチを楽しみました。
b0153156_1581913.jpg



夕方、サンチャゴ市内にあるクライオンのオフィスでコックスさんは私のための即興ヒーリング音楽を作ってくれました。とても素敵な曲で感動しました。来年日本に来るそうですので、とても楽しみです。
b0153156_15102992.jpg

[PR]

by emoto-hado | 2008-11-28 15:11

10の感動

11月24日(月)

今日は3連休の最後の日です。この連休も忙しい日が続き、ようやく今日、日記の続きを書く時間が取れました。では南米ツアーの続きです。

 11月7日(金)
今日は、サンチャゴ郊外にある、障害児デイケアセンターに行ってまいりました。そこで子供たちと半日過ごし、沢山の感動を頂いてまいりました。

まず子供たちや、父兄の方にご挨拶。
b0153156_144425.jpg



ここの特徴は、子供たちはいつも犬たちと一緒に勉強したり遊んだりすると言うことです。
b0153156_1454343.jpg


子供たちと話し合い、この様にいつも犬がいます。
b0153156_1471872.jpg


授業の合間に、必ず犬と共に寝る時間が組み入れられています。
b0153156_1483647.jpg


その間、イルカや鯨の鳴き声が流され、それを聞きながら寝るのです。・・・第1の感動
b0153156_1492527.jpg


大の犬好きの妻は、思わず一緒に寝始めました。犬は少しも嫌がりません。かなり重いでしょうに。・・・第2の感動
b0153156_1419732.jpg



犬は全部で20頭ほどいて殆どがレッドリバー犬ですが、これが彼らたちの小屋です。
b0153156_14201835.jpg


なんとその水のみ場の水入れには、「愛感謝」の結晶写真が底に置いてあるではありませんか!
全ての水入れにこれは置いてあって、もう2年前から行っているとの事、そしてそれ以来、犬たちは健康でとても優しくなったという事です。・・・第3の感動
b0153156_1421262.jpg


庭にはプールがあり、その水辺で水に対して愛感謝を捧げるセレモニーを行いました。私の左隣の二人がこの施設の園長夫妻です。彼らの素晴らしい熱い思いによって、この施設は誕生され維持されています。もちろん大の結晶写真ファンです。
b0153156_1422770.jpg


何と、プールの壁面にスペイン語で愛感謝と書いてあるではありませんか!・・・第4の感動
b0153156_14234712.jpg


プールサイドでお母さん方と記念写真。
b0153156_14245125.jpg


そのあと、子犬の犬舎に行きました。沢山の可愛い子犬がいました。・・・第5の感動
b0153156_14255263.jpg


テレシッタさんと子犬。なんともいえぬ彼女の表情です。
b0153156_14263044.jpg


そして何と我々用にと生まれたばかりの子犬がプレゼントされました。名前もついていて「マエストロ」
これは1年に一度は様子を見に来なくては!・・・第6の感動
b0153156_14273146.jpg


教室に帰ったら、子供たちが結晶シールを作っていました。それを来場者に上げてコップの下に敷いてもらうのです。僕にはいるかの結晶写真が当たりました。・・・第7の感動
b0153156_14284059.jpg


僕は用意してきたスライドを見せながらショートセミナーを行いました。皆とても熱心に最後まで聞いてくれました。普通の子供たちより結晶に関しての関心、理解力がとても深いなと感じさせられました。・・・第8の感動
b0153156_14294320.jpg


そして、皆にチリ国歌の結晶映像を見せて歌ってもらいました。皆直ぐに起立してとても元気良く、上手に歌ってくれました。日本の子供たちに見せてあげたいと思いました。・・・第9の感動
b0153156_1430253.jpg



最後に子供たちと記念写真。僕のそばに子供が直ぐに寄り添ってきて、とても可愛かった。
b0153156_14312580.jpg


そしてポンチョをお土産に貰いました。このあとワインの産地でもあるこの地区の、おいしい赤ワイン2本と白ワインを1本頂いて、ワイン好きの妻は大喜びです。・・・第10の感動
b0153156_1432792.jpg


このように沢山の感動を頂いて施設訪問を終えましたが、又是非訪ねてみたいと思います。日本でもこの様なチャンスがあれば、お伺いしたいと思いますのでどうぞ声をかけてください。
 
[PR]

by emoto-hado | 2008-11-24 14:34

帰国しました。

11月18日(火)

16日に帰国しました。実に28日間に及ぶ出張で、夕方成田に着いたときはさすがにかなりの疲労感を覚えました。
しかし、6時半から近くの娘夫婦の家に招かれての食事会ですっかり癒されました。実はその日は我々の40回目の結婚記念日で、娘が祝いの夕餉を用意してくれていたのです。
特に孫たちの顔と、上の孫が書いたジジババ像には超癒されました。娘夫婦が家の傍に住んでくれていることは、本当に幸せなことです。
孫からのプレゼントの絵。ちゃんと、結晶のデザインが書かれています。
b0153156_5421332.jpg


さて、南米の写真報告を続けましょう。

11月4日(火)

この日の午後、ブエノスアイレスからチリ・サンチャゴに飛び立ちました。
アンデスには雪が沢山ありましたが、この時期初めての上からの眺めですので、例年と比較してどうなのかは分かりません。
b0153156_6223591.jpg


11月5日(水)

サンチャゴの町の様子(1)
b0153156_6233460.jpg


サンチャゴの町の様子(2)
b0153156_6242096.jpg


この方が、テレシッタさんの長女でやはりテレシッタさん。サンチャゴセミナーの担当者です。
b0153156_6251167.jpg


早速記者会見に望みます。
b0153156_6254942.jpg


その席上、お父さであるアントニオ・プネトさんの歌「ラ・ノビア」を聞かせた結晶動画を、なんともいえない顔で見るテレシータさん。
b0153156_6262561.jpg


午後は、まずテレビ局での生出演。
b0153156_6271890.jpg


二人のパーソナリティーは有名な姉妹でした。
b0153156_6285129.jpg


その後はラジオ局、これは1時間の長丁場でした。
b0153156_6293346.jpg


そのパーソナリティーと。彼女とは3月の時にもお会いしました。
b0153156_6311153.jpg


11月6日(木)

今日は、チリサンチャゴで、今年3月に続いてのセミナーの日です。会場はそのときと同じ劇場で、ご覧のようにまたまた大きなデコレーションが作られていました。

b0153156_11355871.jpg

客席は1000あまり、わずか8ヶ月しか経っていないので、苦戦が予想されます。
b0153156_11302338.jpg


楽屋にうれしいお客様が訪ねてくれました。「ラ・ノビア」で世界的に有名になったスーパー歌手アントニオ・プテオさんです。もちろんテレシータさんの実父で今年82歳になられるそうです。何年か前に最愛の奥様に先立たれ、アルツハイマー気味となり、もう歌手活動はされていらっしゃいませんし、外出も殆どできなくなったそうですが、今日はぜひ来たいということで、お見えになってくれました。
そして、最後まで大喜びでいてくれたそうです。もちろんそのDVDをテレシータさんに差し上げてありますので、私は毎日のようにそれをお父様に見せ、聞かせるように言いました。きっと記憶が少しづつ戻ってくるであろうからと思うからです。
b0153156_1131757.jpg


開演前、楽屋にまで取材のテレビ局が来ました。
b0153156_1214845.jpg



開演して私がチリ国歌の指揮(?)をとっているところ。ご覧のように客席もほぼ埋まり、皆さんも立ち上がって国歌を歌ってくれました。
b0153156_1133263.jpg


写真左が3月に訪れた古城とワイナリーのオーナーの方です。なんと今年の新作ワイン6本ととっておきの1本をお土産に持ってきてくれました。最近すっかりワイン好きになった妻は大喜びです。
b0153156_11333735.jpg


この日11月6日は、テレシータさんの娘さんの誕生日でした。最後は皆で彼女に対してハッピバースデイトゥユーを歌って祝いました。
[PR]

by emoto-hado | 2008-11-19 05:56

今は、南米コロンビアです。

11月10日(月)

写真報告にて、失礼します。

いま、南米のコロンビアに居ます。イタリア・トリノのあと2週間も日記が途絶え申し訳ありません。やはりツアー中はなかなか継続が難しく、この先どうしようかと考え込んでしまう私ですが。今回はとりあえず、写真日記でこの間のこと、ご報告させていただきます。

10月29日(水)トリノセミナー 州議会にて
b0153156_555039.jpg

会場は沢山の人で溢れ、入りきれなかった人が沢山出たそうです。
b0153156_558946.jpg

ここでもイタリア国歌を唱和しました。オーブが沢山現れました。
b0153156_61110.jpg


11月2日(日)
アルゼンチン ブエノスアイレス
ブエノスはいまや初夏で、緑が美しかった。
b0153156_7144856.jpg

早速テレビ局へ・・・中央の女性が3月の時にも通訳を勤めてくれた、公美さん
b0153156_7184354.jpg

取材風景・・・どうしても水がモチーフとなります。
b0153156_721362.jpg

その後、タンゴ広場へ 大勢の人がプロの踊るタンゴに酔いしれていました。
b0153156_7234428.jpg

今回の主催者 テレシータさんと長男のファンさん。
b0153156_7253275.jpg

そしてもう一人の息子マルコスとファン、この二人がブエノスアイレスセミナーの責任者で、チリサンチャゴは他の姉弟が責任者です。
b0153156_7283441.jpg


11月3日(月)
ブエノスアイレスセミナー
会場の前に立てられた大看板
b0153156_111365.jpg

b0153156_111543.jpg

会場はこんなに大きかった。1350名定員という。こんなに人が来るのだろうか?
b0153156_1132359.jpg

それが来た。
b0153156_1141291.jpg

会場には3つのスクリーンが用意されていた。
b0153156_1152689.jpg

皆で成功を祝って乾杯!
b0153156_1163751.jpg


11月4日(火)
大成功だったセミナーの翌日、祝いのワインを飲みすぎて、朝食もすんなりとのどに入らなかった、父と息子。
b0153156_1561835.jpg

それに対していつも元気なお母さん。
b0153156_1571720.jpg

町で見かけた、犬の散歩アルバイト。
b0153156_1582210.jpg

Kierという書店でのサイン会出席
b0153156_205048.jpg

b0153156_213819.jpg

お店の人と記念写真
b0153156_225211.jpg

[PR]

by emoto-hado | 2008-11-11 06:03

神秘的なダマヌール!?

10月27日(月)

ダマヌール神殿訪問

実は私はこちらに来るまで、このダマヌール神殿と言うものの存在を知らなかったのですが、今日はそこへの訪問スケジュールがチトロ事務所の好意でくまれており、行ってまいりました。
ダマヌールはトリノから50キロメートルほど北にある、言わゆるコミュニティーですが、それはかなりしっかりとした、本格的なものです。その成り立ちや、現況、そして今後の見通しなどは、なかなか一口で説明することは難しく、したがって既に有る比較的第3者的なサイトをご紹介しておきますので、まずそちらのほうを、参考にしていただければと思います。

http://ameblo.jp/eliot-akira/entry-10085708357.html

あいにく、トリノはひどい霧模様で、それはダマヌールへの道まで続きました。
したがって普通ならば1時間足らずで着くそうですが、この日は1時間半ほど掛かってしまいました。
おまけに、ダマールの直ぐ傍まできたら、ご覧のような羊の群れに遭遇、私たちの車はその後をのそりのそりと走るのでした。でも僕としては、大感激です。こんな形で私の仲間に会えるとは!?(私未年なのです)
b0153156_7312878.jpg

ようやくたどり着いた、ダマヌールの入り口。
b0153156_739916.jpg

ダマヌールはエネルギースポットとして有名です。その中でも一番エネルギー的に高いところと思われるところに、水を置いて結晶写真を撮ってみようと思い立ちました。
b0153156_7424025.jpg

その傍には、こんな神殿もありました。
b0153156_733325.jpg

そしてこの様なお人形さんがあちこちに。

b0153156_7372728.jpg

そして何と、日本でこの運動を実践されているリーダーともお会いしました。
b0153156_7435580.jpg


b0153156_7451643.jpg

この方が、この神殿および、コミュニティーの創業者であるオベルト・アイラウディ(通称ファルコ)さんです。
とても感じの良い方で、私としてはこれからもお付き合いをしたいなと思った方でした。
きっと、彼から何かを学ぶことになるのでしょう。
[PR]

by emoto-hado | 2008-11-05 07:54

イタリア トリノへ

10月26日(日)

イタリア トリノ滞在記(10月26日~30日)

10月26日に、私たち3人はラスモス君と分かれて、イタリア・トリノに向かいました。今月の初旬に日本の研究所を訪れてくれたマッシモ チトロ博士と「水は情報を記憶する」と言うテーマにおいて共同研究をして、共著を出そうと言うことになり、その打ち合わせのためです。
フランクフルトからトリノのコースはアルプス越えになるのですが、途中機上からアルプスを見下ろすとご覧のように、10月も末だと言うのに、峰峰には雪が殆どありません。やはり温暖化現象は着々と進行しているようです。
b0153156_211422.jpg

b0153156_21151540.jpg


トリノ空港には、今年の6月にリヒテンシュタインの波動スクールでHadoインストラクターになった、アンナさんが待ち受けてくれていました。今回のイタリア訪問には欠かせないアシスタントとして、私が来てもらうようお願いをしておいたのです。と言うのは、彼女は純粋のイタリア人ですが、日本語を勉強して読み書き不自由の無い日本語語学力を身につけているからです。
ホテルにチェックインした後私たちはチトロ博士の事務所を訪問しました。
左からアンナさん、日本にも来たアンジェラ先生、妻、私、チトロさんです。
b0153156_2117723.jpg

なんと日本の国旗も飾られていました。今回の日本訪問でお土産に買われたそうです。
b0153156_21195285.jpg

そして、「色即是空」「空即是色」と言うチトロ博士が書かれた日本語までもが貼ってありました。
b0153156_21212885.jpg


そのあと、私たちの歓迎会が近所のレストランで行われましたが、私は例によって直ぐにはしゃいでしまい、早速自慢のイタリア民謡を数曲ご披露させていただきました。
b0153156_21225882.jpg

それを聞きつけて他のお客様や、店長まで駆けつけてきて参加、最初の晩からイタリアモードとなってしまいました。
b0153156_2124473.jpg

[PR]

by emoto-hado | 2008-11-01 21:28