「ほっ」と。キャンペーン

水からの伝言


水からの伝言
by emoto-hado
カテゴリ
全体
旅日記
今日思うこと
お知らせ
出会い
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

メキキの会

2月2日(月)

出口光さんが作ったメキキの会

今この日本でとても注目されている、ユニークな会員組織があります。その会の名前をメキキの会と言います。今から13年前に作られた会ですが、出口光さんが次のような趣旨で立ち上げたものです。

b0153156_10495025.jpg

講演中の出口光さん

[メキキの会は、会員自身の専門分野を通して、専門横断的に切磋琢磨し、コラボレーションする関係ネットワークを創っています。日本には、札幌、東京、横浜、京都、大阪、亀岡、広島、福岡といった地域に支部が、 また、海外では、米国にはロサンジェルス、中国には北京に支部があり、メキキの会は、世界的な、専門横断的ネットワークを目指して活動しています。

 メキキとは、自分を含めて人の才能、本質、物事の真贋を見分けること、あるいは見分ける人を意味します。メキキの会には、経営者、能楽師、音楽家、陶芸家、職人、政治家、医師、カウンセラー、教師、IT技術者、エンジニア、公認会計士、税理士、弁護士、弁理士、宗教家など、さまざまな職業や立場、思想や考え方を持った専門家888名から構成されています。

 このような多様な価値観、思想、立場を持った人たちが、共にコラボレーションするためには、通常の社脈や人脈、学脈といった関係性では、とうてい不可能です。そのために、私たちは試行錯誤の中から、「氣脈」というコンセプトを創り上げてきました。氣脈とは、人が自分の専門分野を通して貢献することを宣言し、どのような組織や業界も代表することなく、個として参加し、さらには、その個と個が互いに切磋琢磨し、志を共有するために築かれた関係を意味しています。

 このような氣脈を創るためには、2つのことが必要であることがわかってきました。ひとつは、評価や批判から人を見るのではなく、お互いの「個の花」とも言うべき本質的なすばらしさや才能を観ること。もう一つは、互いの志を表現し認めること。メキキの会では、これらの人達が自分の仕事や専門分野において、自分の天職を生き、日常の仕事や活動を力づける氣脈ネットワークを提供しています。さらに、この氣脈という関係を基礎に、それぞれの天職を実現
するための専門分科会とそれらを融合した 「統合頭脳場」を創ることを目指しています。

 メキキの会員は、人にはそれぞれ人生においてやるべきことがあることを了解し、互いに切磋琢磨し、その志に共鳴することで、自分の仕事を通して貢献する専門ネットワークを創ることに挑戦しています。そのプロセスで、会員ひとり一人がパワフルな個として現れる一方、氣脈を通じて深いところで融合し、共鳴しあうダイナミズムがメキキの会の真骨頂です。

 多様な職業や立場、思想や考え方を持った会員によって創られるメキキの会は、自分の仕事を通して、人生に違いを創る専門家ネットワークとして、さらには、この氣脈ネットワークが世界各地で設立され、地球的規模に広がっていくプロセスで、「出会うを大切に  生きるを楽しむ」ことを大切にしていきたいと思います。
メキキの会 会長
出口 光 ]


私は、この会が出来て2年目の時、すなわち今から12年前に、講師として呼ばれお話をさせていただきました。
しかし、その後私が主として海外で忙しくなって、しばらくご無沙汰していたのですが、その間にこの会はそれこそめきめきと成長し、様々な活動をするようになっています。私も2年ほど前から入会をさせて頂いております。

出口光さんは僕より一回り下の未年ですが、稀に見る熱血漢であり、純粋無垢な人物です。今後の日本いや世界を引っ張ってゆく器であろうと期待し、今後はいろいろな活動を世界的規模で共にやってゆきたいと思っています。

メキキの会のHPは次のアドレスです。是非一度訪ねていただいて,良ければ皆さんも同志になっていただければと思います。
http://www.mekiki.ne.jp/
[PR]

by emoto-hado | 2009-02-03 09:16
<< さあ 皆でマウント・シャスタに... 形態形成場現象かな? >>